Q,顕微授精で卵子に針を刺しても大丈夫なのでしょうか。|不妊教えてねっと|あなたの妊活・不妊治療を応援!

Q,顕微授精で卵子に針を刺しても大丈夫なのでしょうか。

卵子は外側から透明帯、細胞膜と二重に覆われています。顕微授精の際は、このふたつを貫通する必要があります。

通常であれば針を刺しただけでは内側の細胞膜は破れません。細胞膜には弾力があるので、針を刺しただけだと、単に細胞膜が伸びている状態になります。この弾力(伸び)は非常に重要です。細胞膜を破って精子を注入しても、弾力があるから膜の修復が行われるのです。

ところが、中には細胞膜に弾力がなく、針を刺しただけですぐに膜が破けてしまう場合があります。このような卵子は大部分が変性します。

つまり、通常は顕微授精で針を刺しても問題ないのですが、細胞膜の弱い卵子(質の悪い卵子)だと上手く受精できない可能性が高まります。

乱視の細胞膜がへこんでいます。弱い卵子ですと、この時点で幕が破れてしまいます。

さらに針を押し進めた状態です。まだ膜は破れていません(黄色い線で膜の様子を示しました)。

精子を注入(白い矢印)し、針を抜き去った状態です。破れた膜はまだ伸びた状態ですが、このままゆっくり戻りながら膜の修復が起こります。

一覧へ戻る

監修協力とくおかレディースクリニック 不妊カウンセラーが監修しています。

不妊症?どうしたらいいの?

Q,受精とは、具体的...
受精の始まり・完了については多様な解釈がありますが、一般的に…

Q,胚は2細胞、4細...
細胞分裂の理論からいうと、1→2→4→8と倍々に増えていくも…

Q,顕微授精で使う機...
顕微授精をする際はマニピュレーターという装置を使い、顕微鏡下…

Q,夫の精液所見が悪...
精液所見がどういう不良なのかによります。原因が先天的で遺伝性…

監修協力 とくおかレディースクリニック 不妊カウンセラーが監修しています