Q,胚盤胞移植はなぜ妊娠率が高いのですか。|不妊教えてねっと|あなたの妊活・不妊治療を応援!

Q,胚盤胞移植はなぜ妊娠率が高いのですか。

移植時期は初期胚移植(受精後2~4日)と胚盤胞移植(受精後5~6日)があり、胚盤胞移植のほうが妊娠率は高くなります。しかし、初期胚移植よりも胚盤胞移植がすぐれているわけではありません。

初期胚と胚盤胞を比べると、妊娠までの道のりは胚盤胞のほうが短くなります。つまり、道のりが長い初期胚移植のほうが、途中で成長が止まってしまう可能性が高いのです。胚盤胞移植を行う理由は、移植対象となる胚(妊娠する可能性のある胚)を絞り込むことにあります。

たとえグレードの良くない胚でも、妊娠する可能性はゼロではありません。しかし、数が多い場合、すべての胚を手当たり次第に移植していたら時間がかかってしまいます。費用もかさみます。これを避けるために実施されているのが、胚盤胞移植です。

一覧へ戻る

監修協力とくおかレディースクリニック 不妊カウンセラーが監修しています。

不妊症?どうしたらいいの?

Q,受精とは、具体的...
受精の始まり・完了については多様な解釈がありますが、一般的に…

Q,胚は2細胞、4細...
細胞分裂の理論からいうと、1→2→4→8と倍々に増えていくも…

Q,顕微授精で使う機...
顕微授精をする際はマニピュレーターという装置を使い、顕微鏡下…

Q,夫の精液所見が悪...
精液所見がどういう不良なのかによります。原因が先天的で遺伝性…

監修協力 とくおかレディースクリニック 不妊カウンセラーが監修しています