不妊教えてねっと|あなたの妊活・不妊治療を応援!

妊娠のためにしたほうが良いことは何...

■食事は野菜をたっぷりと! まずは食事をチェックしてみましょう。妊娠するために「これを食べたほうがいい」というものはありませんが、食事は大切ですからね。 食事の際、意識したいのはアルカリ化。なるべく…続きを読む

人気記事

エコーで卵巣が見えず...
■腸が邪魔になって見えないことがあります …

Q,卵子と精子の大き...
卵子は直径約120μm(0.1mm)、精子は全長約60μm(…

Q,胚盤胞移植をした...
受精後約5日目以降の胚は胚盤胞といわれる状態に成長します。こ…

診察では卵胞が十数個...
■血管が卵胞のように見えることも 十数個の卵胞を確認した…

Q,採卵手術や胚移植...
A,加入している生命保険により異なります。採卵手術のみ適用、…

45歳で不妊治療7年目です。いつまで治療を続けるべきか悩んでいます。この先、妊娠できる可能性はありますか?

  1. いつまで治療を続けるかの判断材料になるのが、これまでの治療経過
  2. 45歳での妊娠の確率は低めですが...
  3. 納得して治療を終えるために

診察では卵胞が十数個見えていたのに、実際に採卵できたのはわずかでした。空胞が多い人と少ない人の違いは何ですか?

  1. 血管が卵胞のように見えることも
  2. 多嚢胞性卵胞だと卵胞はたくさんできても採卵数は少ないことも
  3. 年齢が高くなると空砲が増える

体外受精・顕微授精を行った場合、子どもに障害が出るリスクはあるのでしょうか? 主人がそのことを気にして、ステップアップの協力が得られません。

  1. 奇形率は自然妊娠とかわらない
  2. 今後も経過を追う必要はあるけれど...
  3. 待っていたら妊娠の機会を失いかねない

女性は歳を重ねると、流産や染色体異常が多くなると聞きましたが、男性はどうなのでしょうか? 子どもに何か影響が出るのでしょうか?

  1. 男性の場合、女性のように急激な変化は見られない
  2. 精子の質は下がっても妊娠の可能性は十分ある
  3. 高度の乏精子症は男児に遺伝する可能性あり!?
  4. 夫婦の形もいろいろ。協力して治療を!

不妊症?どうしたらいいの?

Q,受精とは、具体的...
受精の始まり・完了については多様な解釈がありますが、一般的に…

Q,胚は2細胞、4細...
細胞分裂の理論からいうと、1→2→4→8と倍々に増えていくも…

Q,顕微授精で使う機...
顕微授精をする際はマニピュレーターという装置を使い、顕微鏡下…

Q,夫の精液所見が悪...
精液所見がどういう不良なのかによります。原因が先天的で遺伝性…

監修協力 とくおかレディースクリニック 不妊カウンセラーが監修しています