染色体異常の予防はできますか?|不妊教えてねっと|あなたの妊活・不妊治療を応援!

染色体異常の予防はできますか?

■加齢によって染色体異常が増える

染色体異常の原因が遺伝的なものである場合、予防はできません。

ただし、不妊治療で見られる染色体異常の多くは年齢によるものといわれます。

加齢に伴って、卵の染色体異常が増えると、受精しても途中で分割が止まってしまう、着床しても初期流産してしまうことが多くなるのです。

■早めに妊娠を目指すことが予防につながる

食事や運動といった生活習慣を改めるなどして、ある程度、卵の老化を遅らせることはできるかもしれません。ですが、予防までは難しいでしょう。

予防策として挙げられるのは、なるべく早めに妊娠を目指すこと。

加齢に伴って染色体異常が起きるなら、異常が起きる前に妊娠を目指すのが一番です。

■いつ産むかを決めるのは夫婦だけれど...

「仕事を優先したいから妊娠・出産はもっと先でいい」という人もいます。

もちろん、子どもを産む、産まないは夫婦で決めること。望む時期に妊娠を目指すのが自然です。

ですが、子どもを望む時期が30代後半から40代以上になると、若いときよりも妊娠率はかなり低くなります。

その事実はしっかり胸に留めておきましょう。

監修協力とくおかレディースクリニック 不妊カウンセラーが監修しています。

不妊症?どうしたらいいの?

Q,受精とは、具体的...
受精の始まり・完了については多様な解釈がありますが、一般的に…

Q,胚は2細胞、4細...
細胞分裂の理論からいうと、1→2→4→8と倍々に増えていくも…

Q,顕微授精で使う機...
顕微授精をする際はマニピュレーターという装置を使い、顕微鏡下…

Q,夫の精液所見が悪...
精液所見がどういう不良なのかによります。原因が先天的で遺伝性…

監修協力 とくおかレディースクリニック 不妊カウンセラーが監修しています